〜カヤックで琵琶湖を旅するブログ〜
白龍湖(姉川ダム湖)

 

 琵琶湖に注ぐ姉川上流にあるダム湖を漕いできた。白龍湖というらしい。「姉川ダム湖」よりも「白龍湖」という呼称の方が断然いい。「ダム湖」というと、環境破壊とかネガティブなイメージが付きまとうが、「白龍湖」という名前にはネガティブなイメージは微塵もない。

 

 

 水際に行くには、アクセスが少しややこしかった。奥伊吹スキー場へ向かって走っていくと、トンネルが連続して二か所あるんだけど、カヤックを出す水際の公園に行くためには、一つ目のトンネルを過ぎて、二つ目のトンネルに入るすぐ手前を右折することになるが、これがうっかりしていると通り過ぎてしまうので、もしこれから行こうと思っている人は注意しましょう。

 水際の公園には、トイレも完備されている。しかし、駐車スペースから水際までは、カヤックを運ぶのに少し歩かないといけない。近江八幡の、宮ヶ浜くらいの距離かな。費用をかけてちゃんと整備した公園ではあるが、人は誰もいない。独占状態でカヤックの組み立てを行う。

 準備が完了したので、昼食を済ませて、出発する。GPSロガーのスイッチを入れるのを忘れたので、この日の地図上の移動軌跡は、途中から始まっているけど、ゴールの場所がそのままスタートの場所だと思ってください。っていうか、そんなこと参考にしたいと思ってこのブログを読んでいる人がいるかは分からないけど。

 

 ダム湖は、急峻な山で囲まれた地域に建設されるので、その成り立ちからからして、ビーチというものがほぼ存在しない。カヤックに乗り込んだら、休憩できる場所があまりない。

 コンクリートの壁が立ちはだかって、おどろおどろしい感じがする。ダムの放流が始まって、放水口からカヤックごと吸い込まれてしまうと困るので、フェンスには近寄らないようにする。しかし、そんなことがあり得るのかな。

 

 

 まだ日差しは強いけど、湿度が低いせいか、カヤックを漕いでいても汗は出ない。時折、少し強めの風が谷を吹き抜けていくのが心地よい。

 湖を奥へ進むと、湖底からやたらとブクブクとガスが出ているけど、あれは何なのだろう?

硫黄の臭いはしないので、火山性のものではないと思うけど、ちょっと不気味。 

 アオサギやカイツブリ等の水鳥がカヤックに追い立てられるように、飛び去って行ったり、小魚がカヤックの周囲を泳ぎぬけていく。

 

 ここが、姉川の湖への注ぎ口だ。流れが速く、ファルトボートでは、ここまでが限界。

 水が冷たく澄んでいて心地よい。

 この場所に到着する前に、流木やゴミが水面に堆積している場所があって、そこを突っ切らないといけない場所があった。運が悪いとそこで立ち往生になるので、注意しながらそこを通り抜けた。

 

 2時間ほど漕いで、この画像の橋の向こうにあるスタート地点に戻った。

 思い返せば、カヤックという趣味を始てから7年になる。鮮やかだった船体布の黄色がくすんできた気がする。年間を通してカヤックに乗る機会は多くはない僕だけど、それでもこの趣味を継続しているのは、カヤックに乗ると気持ちがリセットされる効果があるからだろう。そんな気がする。

 

 この日の距離は7キロ。