〜カヤックで琵琶湖を旅するブログ〜
澄明な奥伊勢湖

 フェイスブックに、「カヤック」のグループがあって僕はそこに参加している。参加していると言っても、集会があるわけではないので、メンバーの漕行記録を閲覧したり、たまに投稿するといった活動内容になる。
 カヤックという趣味も、何年もやっていると近場で漕ぎたい場所は漕いでしまっている。お気に入りのゲレンデは、何回行っても楽しいんだけど、やはり未経験の場所を漕いでみたい気持ちが常にある。ゲレンデの情報収集として、「カヤック」のグループは参考になるのだ。
 奥伊勢湖は、昨年このグループに投稿されていた。抜群の透明度と川に流れ込む無数の滝の写真を見て、素晴らしいところだと思い、いつか行ってみようと思った。岐阜からだと少し遠いけど高速道路を使えば日帰りで行ける距離だ。

 雨が降ると数日間は川は濁るのである程度晴天が続き、かつ、ダム湖の水深が80メートルほどあると、より上流の方まで漕ぎ進むことが出来るらしい。と、フェイスブックのカヤックのグループに書かれていたので、それを参考にした。

 出艇地は「さくらの里公園」で、ここはコンクリートのスロープがあって、カヤックを出しやすい。おまけにトイレもあるし、足洗い場まである。至れり尽くせりである。

 今回は安心のアルピナ2−430を使うが、これも一年ぶりである。このカヤックの組み立て時の一番の難点はテンション掛けをする直前に、フックに紐を掛ける作業である。450の場合は、すんなりいくのになあ。苦労しているのは僕だけかな。個体差なのかもしれないけど。いつか船体布をフジタカヌーにメンテナンスに出すことがあったら、ここは可能であれば調整してもらおうと思っている。今年で9年目になるけど、あちこちに開いた穴を補修しつつ使っているけど、何の問題もない。ファルトボートって、いったいどんな形で最後の時を迎えるんだろうな。部品交換さえすればずっと使えそうな気がする。

 

 準備が終わり11時頃に、カヤックを出す。上流の方へ向けて漕ぎ進むが、湖というよりは、流れのない川を漕いでいる感覚だ。今の時期、ツブラジイが金色に輝いて初夏の山の風景によく映える。漕ぎ始めて30分ほどは水深が結構あるせいか、透明度を実感するに至らない。

 

  しばらく漕ぎ続けると、水深が浅くなり、川底が見えるようになってくると、その澄明さに感動を覚える。パドルを縦に水に沈めてみたけど、底に届かない。僕のパドルは230cmなので、少なくてもそれ以上の水深はあるのだが、かなり深いところまで見通すことが出来る。
 
 カヤックの下にまるで鯨でもいるかのように、影が川底に映る。そうした現象は、水の透明度だけではなく、水面に波が立っていないこととある程度の水深が必要だ。澄んだ水を求めるなら、川の上流部へ行けばいいのだが、水深が浅いためファルトボートのフィールドではない。しかし、ここは、浅瀬がないので、ファルトボートでも十分、漕ぐことが可能だ。

 

 

 

 奥伊勢湖は、宮川にある三瀬谷ダムによって貯水されたダム湖なので、細長い様相をしていて周囲の山からいくつもの滝が流れ込んでいる。大きな滝はないが、それぞれ形状が違うので、見ていて飽きない。カヤックの舳先を滝の真下に着けてみると、カヤックがさながら太鼓のように、音を響かせる。

 ここはダム湖であるため、両岸は急峻な斜面になっており、上がる場所はほとんどない。休憩するために岸に上がりたい場合は、湖が終わり川が始まる場所まで漕ぐしかない。その場所は、ダム湖の貯水位によって変わる。
 この日は、さくらの里公園から4キロほど遡った地点がその場所だった。
 

 昼食後、来た時と同じ行程で戻ることにする。たまに猿の鳴き声が聞こえるが姿は見えない。時折、アマゴだろうか。側面に斑点がある渓流魚がカヤックの下を泳ぎぬけていく。

 往路は、景色に見とれてあちこちで止まりながら漕ぎ進めて行ったが、復路はひたすら漕いだせいか同じ距離を漕いでいるにも関わらず、遠く感じた。
 さくらの里公園から下流へ少し下ったところに入り江があるらしく、そこには美しい光景があるということで、行ってみることにする。この時点で結構疲れていたけど、辛抱してもう少し漕いでみる。

 

 入り江に入ってみると樹木が生い茂り、その隙間からたまに光が差し込むが、薄暗い。森の渓谷を漕いでいるような不思議な場所である。この入り江は距離的には短いのだが、いろいろなものを見ることが出来る。名もなき三本の滝とか。

 

 4時ころに、再びさくらの里公園に戻り、この日は終了。たっぷりと一日遊んだ充実感がある。 漕いだ距離は12キロ。