〜カヤックで琵琶湖を旅するブログ〜
<< 宮ヶ浜 | main |
長良川2018春

 今年はまだ4月だというのに、真夏日が続く。桜の開花も早かったし、今頃は藤が見頃であるはずなのに、もう散ってしまっている。こんな気候だと、カヤックに乗らなくてはならないような気になって來る。そんな気になったのは、数日前で、昨日の朝までは、電車を使って湖西を漕ごうかと思っていた。

 

 昨日の夕方、長良川沿いの竹林広場公園を散歩した。鬱蒼と茂る竹林の麓には、シダの若葉やハルジオンの花が咲いている。そこを抜けると、長良川の畔に出る。そこで長良川を見たせいか、急に長良川を漕ぎたくなった。

 

 

 9時ころに、千鳥橋付近の河原に着いて、カヤックの組み立てを始めていると、外国人とおぼしき釣り人の男女が、僕がカヤックを出そうとする場所で、ルアーフィッシングを始めた。余程、釣り人と相性が悪いのかな。まあ、それはいい。今回は少しカヤックを担いで、上流に行けばいいだけだから。

 

 

 

 

 ここまで書いて、後日、ブログを書こうと思い、放置して置いたら、この日に思ったことや感じたことを忘れてしまった。やっぱりすぐに書かないといけないなあ。

 

 流れがある川というのは、一旦、流れの早い瀬に突入すると、パドルである程度の進行方向は調整することは出来るのだが、流れに任せて進むしかない。水深が浅い場所で、水面下に隠れていて見えない岩に激突したらどうなるんだろうと思いながら、毎回、長良川を下っている。幸い、そういう事態になったことはないのだが。。

 そういう場所ではダッキーが適しているんだろうけど、僕が漕いでいるこのコースは前半は瀬が多いけど後半は瀬がない。なので、ファルトでいいんだろうなあ。

 

COMMENT









Trackback URL
http://waterland.o-e.main.jp/trackback/100
TRACKBACK