〜カヤックで琵琶湖を旅するブログ〜
<< 木曽川(ワイルドネイチャープラザ) | main | 南浜 >>
晩夏の琵琶湖

 埼玉から友人が来たので、琵琶湖のマキノで、タンデムでカヤックをした。湖畔の「望雁」というカレーライスがおいしい喫茶店で、食事をした後で、海津漁港でカヤックを組み立てて、友人にフェザリングの方法を伝えて2時くらい出艇した。まずは、南の方へ進む。

 やはり9月中旬ともなると、湖水浴をしている客は減っているが、それでも、浜辺はにぎわっている。残暑が厳しいせいか、琵琶湖の水は、まだまだ温かい。知内川の河口で、大量の小魚が飛び跳ねている。その飛び跳ねている小魚を鳶が捕食している。とてもダイナミックな光景だ。水深が浅い川なので、カヤックの底を擦らないように、川を上ってみる。琵琶湖の水温よりも、知内川の水温はかなり冷たく、心地よい。船体布を通して、川の冷たい水温が伝わってくる。冷えた空気も心地よい。この知内川の河口は、カヤックで水上散歩していて、とても楽しいスポットだと思う。

 友人が座っているシート後部のリブフレームからガンネルフレームが外れているのに気が付いて、知内浜に上陸し、フレームをはめ込む作業をする。こんなことは初めてである。
その後、岸部に沿って、海津の石積みの光景を眺めたり、エリ(定置網)の近くまで行って、エリを観察したりして過ごした。この日は、カヤックの上で3時間弱過ごした。楽しい時間はあっというまに過ぎてしまう。

 撤収場所に近付いた時に、リブフレームからキールフレームが外れているのに、気が付いた。上陸して調べてみたけど、問題なくはめ込まれている。人が乗ったときに、体重がキールフレームにかかるため、リブフレームから外れてしまうのかもしれない。このはめ込む部品がプラスチックなので、
何度も使っている間に劣化してきたのかもしれない。帰宅してから、早速、フジタカヌーさんにメールでその件を問い合わせたら、マジックテープと部品を、送ってもらえた。
 フジタカヌーは、カヤック購入後のアフターサービスに、まったく心配がいらない会社だと思う。フジタカヌーの会社がある地域から、随分、離れたところに住んでいても、郵送で対処してもらえるし、とても安心だ。

 快適にカヤックを楽しめる季節も、あと2ヶ月くらいかな。

COMMENT









Trackback URL
http://waterland.o-e.main.jp/trackback/14
TRACKBACK