〜カヤックで琵琶湖を旅するブログ〜
<< 秋の水郷 | main | 犀川から五六川へ >>
秋晴れに漕ぐ
  11月6日、長浜ドームから、長浜城辺りを漕いだ。長浜ドーム近くの、湖岸に到着したのは11時50分、出艇出来たのは、12時30分くらいだった。ここは、すごく便利がいい。すぐ近くにJR田村駅があり、コンビニもある。僕の好きな、コーヒーがおいしいカフェドフランスもある。今回は入らなかったけど。この日は、雲ひとつない快晴で、風もなく、琵琶湖は穏やかだった。雲がない風景というのは単調なものだ。

 浜辺は、水草が積りに積っている。カヤックを出すのに、フカフカのちょっとした堤防みたいなものをまたぐ必要がある。それでも、何とか出艇する。しばらく漕いでいるうちに、今回も要塞みたいなものを発見した(笑)

 岸から数百メートルも沖に、こんなものがある。このトンガリ帽子の要塞(みたいなもの)は、とても興味をひく。なんじゃこりゃと思い。周囲を漕いでみたり、写真を撮ったりしているとここで20分以上も道草をくってしまった。秘密結社が、会議でもやっていそうな雰囲気である。





 その後、順調に進むのであるが、この時期、日ごとに、渡り鳥が増えてくる。出来るだけ接近しないようにはするのであるが、ちょっと近づいただけで、飛び去ってしまう。多分、僕のせいで何千羽という水鳥が飛び立ったと思う。別にわざとではない。仕方がないのだ。

 カヤックを漕ぐときの視点は、水面から60センチくらいだというけど、もっと水面ぎりぎりだとどんな光景が見えるのだろうと思い、カメラを水面ぎりぎりに近づけて撮ってみた。僕は、常に一眼レフを使っている。防水処理されていないので、水没には気をつけないといけないが。。





 右手に、背を向けた観音様(だったかな)を通過し、長浜港を、大型船に注意しながら通過し、長浜城を眺めつつ漕ぎ続けた。長浜城を過ぎた辺りに、煙突があり、これが水面に映りこんでユラユラしておもしろい。そこまで漕いだら2時くらいになった。




 さて、そろそろ引き返そうと思ったころ、急に波が立ち始めた。天気は相変らず快晴。風もほぼ無風状態なのに、何でこんなにウネルのだろう。琵琶湖は2時くらいから波が立ち始めると聞くが、まさにそのとおりだ。沈するような状況ではないが、やはり怖い。出来るだけ岸に寄って、一目散に、戻る事にする。ナビを見ると、時速5キロから6キロを常に表示しているので、進んでいることは確かなのに、パドルがさっきよりも重いような気がする。やはり怖くなってきた。こんな臆病でヘナチョコな人間がカヤックをやっていていいのだろうかと思ってしまった。まあ、それはバイクでオフロードツーリングをしていた時も、たびたび思っていた事ではあるが。。

 しかし、岸からそれほど離れているわけではないので、最悪の状況でも、身一つであれば岸までは泳ぎ着くことが出来る。この場合、最悪と言っても、その程度のことだ。(それでも一大事だけど)
 漕ぐのをやめて、岸に上がりそこでパッキングしてタクシーで、自分の車で行くことも出来る。と考えるが、何とか出艇場所まで戻った。僕のメンタルには、タフネスが足りない。多分、これは普段の生活にも影響しているはずだ。と、ちょっと情けなく思う。

 それにしても、40分くらい、力いっぱいパドリングしたので、わりと早く戻る事が出来た。夏の間、夕方に漕いでいても、琵琶湖がおだやかな事が多かったが、やはり秋になると違うのだろうな。琵琶湖では2時くらいに、引き上げた方がいいのかもしれない。内湖や水郷ならいいのだろうけど。

 3時前に、上陸してカヤックを乾かしながら、遅い昼食にする。今日は、坦々麺とササミの缶詰とソーセージ。スープが辛いので、食が進む。食べているうちに気が付いたけど、これって、スープだけ先に溶いて、それにモヤシとか入れて鍋料理状態にして、最後に麺を入れて食べてもおいしいかも。




 昼食を済ませたら、3時なので、すぐにおやつを食べる(笑)
 7月に中国の海南島で買ったハイナンコーヒーと、鹿児島土産の「かるかん饅頭」を食べる。この饅頭は皮が旨い。

 そんな感じで、この日は終った。
COMMENT









Trackback URL
http://waterland.o-e.main.jp/trackback/19
TRACKBACK