〜カヤックで琵琶湖を旅するブログ〜
<< 海津大崎 | main | 水上写真家になる。 >>
沖島を一周した日




 沖島を一周した。今回は、一緒にカヤックを購入したY君と、漕いだ。Y君は仕事が忙しくって、カヤックをやっている暇がないらしく、一緒に買ったのにもかかわらず今回で3回目の出艇である。しかし、今日は一人じゃないので、とても嬉しい。

 この日は、6時30分に家を出て、Y君を途中で車に乗せて、近江八幡の宮ケ浜へ向かった。関ヶ原から彦根あたりまでは、雨が降っていたので、天候に不安を感じたが、とにかく宮ケ浜へ向かった。到着したら、その近辺は雨が降った形跡がない。冬になると、米原から関ヶ原にかけての区間だけ、天候が悪いことはたまにある。

 そんなわけで、カヤックを組み立てる。Y君は、フットブレイスを自宅に忘れてきてしまったようで、未装着の状態で出艇することになった。気温は10度くらいだと思うが、カヤックの組み立ては、そこそこの運動量があるようで、体が温かくなってくる。組み立てに、慣れていないY君も、何とか無事に完成して、10時に出艇した。

 宮ケ浜の浜辺は、波打ち際に、水草の残骸が打ち上げられて堆積していた。でも、水の透明度は高くってきれい。沖島までの2キロくらいの道のりを、漕いでいく。宮ケ浜と沖島の間の水域は、定期船、観光船、漁船、遊船等、動力船が多いので、その動向を注視しつつ、進んでいく。






 出艇直後の湖面の状態は、苦痛になるほどじゃないけど、波があって快適とは言えない。それでも30分くらいで沖島へ到着する。島の岸沿いを散策するように、漕ぎ進んでいく。遠くからでも見える赤い神社の鳥居が印象的だ。岸沿いに、石が積んである。この島に昔の住民が積んだのかもしれないなと、島の歴史に思いを馳せたりする。

 11時30分くらいに、島に上陸して島内を散策する。当初の計画では、島の食堂で、琵琶湖の魚を食べたかったのだけど、今はシーズンオフのためか、休業中と言われてしまったので、それは来年以降の楽しみとすることにした。そんなわけで、島では、お土産用の大ウロリ(ごり)の佃煮を買って、浜辺でカップラーメンの昼食にした。





 島で過ごしている間に時間は1時になったので、再びカヤックに乗る。乗り込むときに、ついうっかりして、長靴の長さよりも深い場所に足を踏み入れてしまい、右足の長靴の中に浸水する。濡れたままだと冷たいので、カヤックの中で右足だけ、裸足になる。その方が足が冷えなくて済む。

 遊んでいる時は、時間が経過するのがとても早い。このまま宮ケ浜へ戻るには遊び足りないので、そこから岸沿いに、島を時計周りに漕ぐ事にした。体力や天候に応じて、その後どうするかを決める事にした。昼食後の湖面は、とても穏やかで、とてもスムーズにカヤックが進んでいく。遠くの方に三上山が見える。あの山を見ると、水郷で出逢った人のことを思い出す。




 
 あっというまに、島の西端まで辿り着く事が出来たので、島を一周してみることにした。島の西側を周って、北側に入ると、 すごい景色が広がった。こ日は、空気がとても澄んでいるせいか、琵琶湖一面が見渡せるようだ。対岸の湖岸の並木も遠方に見える。沖の白石は、どこにあるのかと思い、探してみたが、それらしきものは見えない。そもそも、一度も見た事がないだけに、どのくらいの大きさでどんな形で見えるのかを知らないものだから、発見するのが難しいのかもしれない。

 岸伝いに一周する予定だったけれど、島の北側には、大きな定置網(魞かな)が設置されていて、迂回するために、沖へ出なければならない。島の北側は、平地は、ほぼどこにもなく、住居が建てられるような場所はない。集落が、島の南西に集中しているのがよく理解出来る。この辺りまで来ると、波が出てきて、漕ぎ辛い。風は弱いのだが、波が問題だ。しかし、今日は二人なので、心理的な安心感がある。大き目のウネリが来ても笑っていられる余裕がある。一人だと、こうはいかない。やはり、心理的な安心感があるのとないのとでは、「楽しみ」度合いが大きく違ってくる。




 
 島の東側を回り込むと、宮ヶ浜が見える。腕も疲れて来たので、水上で休憩しつつ、漕ぎ進む。あと少しで上陸出来るという思いと、もう少し水上で漂っていたいという思いが交錯する。上陸したら、3時くらいだった。「秋の陽は釣瓶落とし」と言うけど、もう夕方の気配だ。4時過ぎには、撤収作業を終えて、車に乗り込んだのだが、気温が低いせいか、カヤックが湿ったまま収納することになった。
 この日の、漕行距離は11キロくらいだった。

 天気の良い日にカヤックを取り出して、干すことにしよう。



   

GPS活用されているようで♪
楽しそうですね!
かむるち | 2010/11/29 10:57
はい。おかげさまで、楽しく活用しております。GPSロガーがなかったら、ペイントソフトで、適当に書いていたかもしれません(笑)
Oe | 2010/11/29 21:40
こんにちは。びわ湖、堪能していますね。

今度島へ行ったら神社に上がってみて下さい。国道にかかっていた標識があります(今もあると思うのですが…)

枚方から72K、水口から7kの国道307号線にかかっていた標識です。カヤックで漕いで行って、車の道を探し出すのも面白いですね。GPSは場所を特定することもできるのでしょうか。

小学校の横から山に登れます。「ケンケン山」と言うようです。かわいい案内板がありました。上には「ホオジロ広場」があり、湖西の山々がよく見えます。対岸の自衛隊演習場の大砲の音が聞こえることもあります。

8月には「うなぎ祭り」があり、天然ウナギやビワマスに人気があります。来年はぜひ行って下さい。これもウィキビワコのトップシークレットです。

ではこれからもカヤックの旅、楽しみにしています。

ウッドデッキ | 2010/12/05 00:42
ウッドデッキさん。こんばんは。

ウッドデッキさんのブログの写真の標識ですよね。まだあるのですね。これは次回はぜひ見てこないと行けませんね。僕のGPSロガーは、自分が動いた軌跡を記録していくだけの機能しかありません。
特定出来る機種もあるのでしょうけどね。

ケンケン山、僕も島を散策している時に、どんな山なんだろうって気になっておりました。ハイキングが出来るのですね。ウナギ祭りも良さそうだし、ビワマスも、今年は食べそびれてしまったし、まだまだやりたいことがたくさんです。ビワマスは一回も食べたことがないんです。

沖島だけでも、課題がこんなにあるのに、琵琶湖は広いし、楽しみがいっぱいで困ってしまいます。


先ほど、近江八幡の水郷に再チャレンジしてきました。近江兄弟社のグランド近くのトップシークレットの出艇場所から出発し、西の湖もほぼ一周してきました。もちろん、あの「思い出のウッドデッキ」を見た時に、一ヶ月前のことを思い出しました。

今日は友人と、二人で漕いだのですが、その友人が、

「Oeさんが前に会った人、今日、会えますかね?」

と言うので、

「水郷に住んでおられるわけじゃないので、無理。」

と言っておきました(笑)

ではまた、きっといつかどこかの水辺で。





Oe | 2010/12/05 18:35
COMMENT









Trackback URL
http://waterland.o-e.main.jp/trackback/22
TRACKBACK