〜カヤックで琵琶湖を旅するブログ〜
<< 白髭神社経由で近江舞子から近江高島 | main | レジャーとしてのカヤック >>
新緑の近所の川



 午後から近所の川へ出かけた。この川で漕ぐのは、昨年の11月以来になる。5ヶ月ぶりかな。

 自宅から出艇地まで、車を走らせていたら堤防を歩いている生き物を発見。車を路肩に駐車して、急いで捕獲する。クサガメだ。大きさは10センチくらい。堤防を渡って、別の川へ行く途中だったらしい。(多分)

 長靴を持って来るのを忘れたので、このカメを持って自宅へ一度戻り、子供が欲しいというので、飼うことにした。それにしてもこのクサガメ、よく見ると、甲羅の形が変だ。小さい頃に他の生き物に齧り取られたような形をしている。

 長靴を履いて、出艇地へ向かう。今日のミッションは、1907年に珍しい「たたき」工法で建造された牛牧閘門の新緑の写真を撮ること。牛牧閘門を抜けて、東海道線の近くまで行くこと。である。

 今回は、 川を下る。 → 川を遡る。 → 川を下る。 → 川を遡る。といったコースメニューなっている。

 まずは、カヤックを水に浮かべる。足元は、ドロドロだ。泥に足を取られて沈しないように、慎重に乗り込む。しばらく漕いで、犀川の本流に出る。

 無数の生物の頭が、水面から顔をのぞかせている。なんと、カメだ。カメが頭を水面から出しているのである。
 おまけに、カヤックが近付くと、ポチャンと水に飛び込む音までしている。カメが甲羅干しをしていたようだ。まさに、カメだらけ。こんなにたくさんカメがいるなら、道を渡ろうとしているカメがいても不思議ではない。

 そんな光景を見つつ、犀川と長良川が合流する一夜城あたりまで、下ることにする。河川敷では、バーベキューをしている団体さんがいる。休日の初夏の光景である。




 
 次に、漕ぎ下ってきた川を戻りつつ、五六川に入ることにする。鬱蒼と草木が繁った水路に突入すると、細かいブヨみたいな虫の大群が顔の周りに群がってくる。いくら手で追い払っても、またブンブンと鬱陶しい。そろそろ、防虫スプレーを常備しなくてはならない季節だ。近いうちに買ってこよう。





 さらに漕ぎ進むと、川がカーブしていて、流れが速くなっていて、しかも障害物が多い場所に出る。力いっぱい漕がないと、川を上れないし、進路が維持できないので、障害物にぶつかりかねない。そんなわけで、必死に漕ぐ。

 そこをクリアすると、牛牧閘門だ。数日間、雨が続いたせいか、今日はたっぷりとした水量だ。この閘門は、はっきり言って狭い。カヤック一艇が通るのがやっとの幅である。

 っていうか、そもそも、こんなところでカヤックをしているのは、有史以来、僕だけだと思う。





  牛牧閘門も何とか潜り抜けた。今回は、閘門の中で壁にぶつかりそうになったり、障害物にぶつかりそうになった時に、パドルで壁や障害物を突いて進路変更が出来るように、今回もアルミシャフトの丈夫なパドルを持ってきた。安い割には、信頼出来るパドルだ。

 そこから、さらに川を遡上する。鉄筋工事用の鉄の棒が川から突き出している場所が何箇所かあった。あんなのに突進したら、船体布に突き刺さりそうだ。今後も注意しよう。

 国道21号線の下を潜り、五六川親水公園に到着した。ミッション完了だ。後は、帰るだけだ。と思ったら、風が吹いてきた。それにしても、何で毎回毎回、出艇地から一番遠い場所で風が吹くようになるのだろう。まあ、今回は自宅が近いので、最悪、徒歩でも帰れるからいいんだけど。。。

 ここからは、川を下って帰ることになる。やっぱり、遡ることを思うと、随分楽に進める。そういやあ、ダウンリバーの旅を楽しむ人はいても、ひたすら漕いで上ることを楽しむ人はいないもんな。。。

 そんな調子で、再び牛牧閘門が近付いてくる。当然、川幅が狭くなるので、流れが速くなる。流れに乗ったまま下ると、進路が維持出来ないので、下りと言えども、力いっぱい漕いで直進性を保ち、まっすぐに閘門を抜ける。
 
(閘門の中での写真がないのは、かなり必死だからです。)

草木が繁る水路に差し掛かるが、風が吹いてきたせいか、鬱陶しい虫は寄ってこない。

 五六川を下りきったところで、犀川に入り、犀川を遡り、出艇地へ戻る。この日、水上にいたのは、1時間半くらいかな。漕いだ距離は、7キロだった。

 帰宅して、デジカメ画像を見てみたけど、期待していたような閘門の写真は撮れなかった。またいつか撮れたらいいなと思っている。



 

いつも楽しく拝見しております。
カヤックからのお写真、なかなか撮れるものではないので うらやましいです。笑

輪行、けっこうハマります。笑
ワタクシは 自転車でしたが、輪行、便利ですよネ。
田中ちゃん | 2011/05/18 22:39
電車を使ったツーリングは、またそのうちやります。
少し視点が変わるだけで、写真がたくさん撮れるので新鮮です。
Oe | 2011/05/18 23:09
近場になかなかいい皮があるのはよいものですね。

海や琵琶湖ばかり漕いでいて、たまに川や湖を漕ぐとほっとします。
てっさん | 2011/05/22 01:47
琵琶湖は、カヤックを漕いでいていろいろなものを与えてくれますが、天候が崩れると怖いですからね。

この近所の川は、ビニールのゴミなんかが落ちていて、実はきれいではないですが、漕ぎたくなったら出かけています。
Oe | 2011/05/22 11:37
写真を拝見していると、今までにない切り口に見えていい出来だなぁと思っています。
撮るときにボートが揺れてブレたりはしないんですか?
kenichiosuga | 2011/06/12 18:51
水中写真という分野はありますが、水面間際の写真という分野は、あまりないですからね(笑)
カヤックからの風景は広角系が多くなるので、ブレることはあまりないです。レンズに防振機能が付いているということもありますが。。
全てRAWで撮影しているのですが、先日、データを誤って消してしまったので、紙焼き出来るほどの解像度のデータが消えてしまったのが残念です。
Oe | 2011/06/12 19:21
COMMENT









Trackback URL
http://waterland.o-e.main.jp/trackback/30
TRACKBACK