〜カヤックで琵琶湖を旅するブログ〜
<< 湖北の小島、2回目 | main | 2011年の水郷 >>
古の端舟(コハクチョウの鳴く里で)

 尾上にある「葛篭尾崎湖底遺跡資料館」へ出かけてきた。 

 今さらながら、尾上は長浜市になっているのに気が付いた。長浜市は市域がかなり広い。この資料館は、琵琶湖沿いではなく集落の中にあった。僕が行った時は、客は誰もいなくって、入管料の200円を支払って、中に入るときに、部屋の電灯を点けてもらえた。おそらく、客はそんなには来ないのだろうな。

 湖底遺跡を研究した学者の「小江」(文字は違うが僕の名前と同じ読みだ。)さんが使っていたカメラ等の記録道具が展示しある。他に、湖底から出土した土器や丸木舟もあった。配布されている資料を見たら、こんな挿絵が掲載されていた。





 カナディアンカヌーに似ている。でも、カナディアンカヌーほど、着座位置は高くはない。展示してあった丸木舟を見ても、ボリュームが低い(幅が狭い)ので、低重心で乗らないと危ないと思う。そんなわけで、現代の艇で最も近いのは、オープンデッキのタンデムカヤックに2人で乗り、シングルブレイドパドルで漕ぐスタイルになるのだろうか。あるいは、板状に近い艇なのでシットオンカヤックに近いのかもしれない。

 資料館に、丸木舟を復元したもので、葛篭尾崎まで漕ぐ検証をしてみたと書かれていた。動力船がなかった、数千年前は、この丸木舟で琵琶湖をツーリングしていたのだろう。(ツーリングとは言わないか)
 そんな悠長な時代ではない。

 でも、漁労目的であれば、普段はそんなに遠くへ行く必要もないのかもしれない。でも、縄文時代に尾上に住んでいた人たちは、小鮎を採るために、姉川や知内川まで出かけていた可能性もあるだろう。そうなると、移動距離は長くなるが、この丸木舟なら、琵琶湖のどこにでも行けるポテンシャルがあるのだろう。現代人よりも体力があると思うし。


 資料館を出た後、夕方近くの集落をカメラを持って散歩した。コハクチョウの鳴く声が聞こえてくるので、頭上を見上げると、3羽のコハクチョウが琵琶湖に向かって、飛び去って行った。

 ここに住む人たちは、コハクチョウの姿なんてこの季節になったら、当たり前の光景なんだろうけど、僕にとっては貴重なものを見た気分になる。




 頭上を飛び去るのは一瞬なのに、ちゃんと写真を掲載しているのが、このブログの特徴だったりする(笑)
COMMENT









Trackback URL
http://waterland.o-e.main.jp/trackback/51
TRACKBACK