〜カヤックで琵琶湖を旅するブログ〜
<< 古の端舟(コハクチョウの鳴く里で) | main | 親子カヌー教室 >>
2011年の水郷
 近江八幡の水郷ツーリングへ出かけてきた。今日は一人ではなく、てっさんと漕いで来た。 9時過ぎに近江八幡駅へ迎えに行き、グランド横の葦の隙間から出艇した。

 GPSロガーをセットするのを忘れてしまったので、漕行軌跡の地図はない。この日は薄曇で、カヤックを組み立てていると汗をかいたけど、少し肌寒い一日だった。

 いつもどおり、水路沿いに水郷へ向かう。季節柄か、観光用の手漕ぎ舟が多い。乗船客から手を振られることが数度あった。水郷の中の橋をいくつか潜り、西の湖へ入る。




 西の湖って、思ったよりも広い。この日の半分くらいは西の湖にいたんじゃないのかな。話をしながら漕いでいると一人で黙々と漕ぐのと違い、それなりの距離でもどんどん進むことが出来る。

 西の湖の東側辺りで、数分間、風が吹いたが時雨れることもなく収まったので助かった。





 やっぱり、曇りだと写真に、いい色は出ないな。こんな水辺の家に住んでいる人を羨ましく思う。
しばらく漕いだ後、岸に上がって昼飯にする。立ったまま、てっさんにもらった「なんとも言えない行動食」でカロリー補給する。一枚食べたら、お腹がいっぱいになった。カヤックに乗っている間は座ったままなので、降りた時は、どうしても立ったままになる。そうしないと、体がきつい。

 しばらく休憩した後、長命寺川を下り、水郷へ入って行く。途中で、てっさんにパドルを交換してもらい、細長いグリーンランドパドルで漕いでみる。普段使用しているパドルとは違う感覚だ。パドルによって漕ぎ味が違うのがおもしろい。
 




 ここから水郷らしい風景が続く。逆光ぎみだったのでハレ切れするために、手で遮光したら、左隅がケラレてしまった。
 
 両側を葦で囲まれた水路。ここは、陸上からはアクセスすることが出来ない小舟専用の水路。





 水神の祠を過ぎて、しばらく行った水路に、実が生っている植物があった。これが噂の「野ブドウ」(!?)
 ブドウというくらいだから、きっと食べることが出来るに違いない。でも、間違っていて別の植物だったら困るのでてっさんには食べることを勧めない。しかし、少し食べておいしかったら、独り占めするつもりなので、もちろん、てっさんには勧めない(笑)

 そんなわけで、一個食べてみる。

 うげげ。まずっ!
 独り占めしようとした、天神さんの天罰か。

 帰宅してから、どうも野ブドウではないらしことが判明。しかも、野ブドウであったとしても、野ブドウ自体、食用には適していないことも判明。



 何事もなかったかのように、カヤックを漕ぎ進めて、グランド横の出艇地まで戻り、この日は終了。





Oeさんこんにちは。

秋枯れの水郷もいいものですね。 一年で一番静かなような気がします。 

雪の水郷もすばらしいですよ。 雪の積もったヨシが傾く姿や、陽に当たって解けていく滴や、時雨で煙る葦原も水郷らしいです。

あの赤い実はなんでしょうね。 写真の建物の辺りにとってもかわいい喫茶店がありますよ。(今もあると思います) 西の湖を見ながらケーキでお口直しをどうぞ。
ウッドデッキ | 2011/11/15 01:25
なかなか、食材探しは難しいようです。
喫茶店は、西の湖側から見えました。どんな店かなって思ってます。
それにしても、季節の移り変わりは早いですね。
Oe | 2011/11/15 18:40
 先日はありがとうございました。
 楽しい時を過ごさせていただきました。
 
 しかしいつの間に野ぶどうを食べていらしたとは!

 そういえば、めんどくさがりなので、、ハレ切りあまりしません。オールドレンズではフレアーでまくります。意外とそういう写りも嫌いではないですが。

 あの行動食、すぐに腹がいっぱいになるのがいいところです。慣れるとわりかし美味く感じるのが不思議なところです。

 
てっさん | 2011/11/22 00:50
あれは、多分、野ブドウではありません。生えているものをやたら食べてはいけませんね(笑)

フレアはレンズのコーティングの性能による影響が大きいのでしょうね。レンズの場合、性能の良いものが良いレンズとはならないところが、悩ましいところであり、楽しいところでもあります。
Oe | 2011/11/22 19:19
COMMENT









Trackback URL
http://waterland.o-e.main.jp/trackback/52
TRACKBACK