〜カヤックで琵琶湖を旅するブログ〜
<< 永原からマキノ | main | アルピナ1−450ハイブリッドの進水式 >>
雪の降る日に
 
 気が付けば、季節はすっかり冬。窓の外は雪景色。

 実家の2階は、僕の趣味の部屋になっていて、写真用の暗室とか仮眠部屋があったりするわけだが、ファルトのメンテナンスを落ち着いてやりたい時は、ここで作業をしている。

 ツーリング終了後は、いつも船体布の状態を確認しつつ拭いて、乾かしてからパッキングしているので、帰宅してからは特段メンテナンスすることはない。

 でも、コクピットの両側の船体布の縫い目から、少し水が入るようで、ここは現場で完全に乾かすのは難しい。

 この部位は、ガンネル近くの船体布の布と布の間に水が浸入するので、拭くことも出来ない。知らない間にカビが生えたりすると嫌なので、時間をかけて乾かすしかない。高周波ウェルダー処理で圧着してあれば、こんなことはないのだろうけど。

 気温が低いと、船体布がかなり硬くなる。丹念に調べていくと、浸水するほどではないが、傷付いていたり微妙に浅い穴が空いていたりするので、「スーパークリア」を、気休めに塗っておく。そのうち、ハルの底部が、「スーパークリア」で覆われてしまうかもしれない。
 しかし、このヘンケルジャパンの「スーパークリア」って、船体布のメンテナンスの必需品だと思うけど、近所のホームセンターには置いていないので、アマゾンで買うしかなさそうだ。スーパークリア事態は安いけど、送料が高いね。

 
 このアルピナ2−430は、いろんな局面で使用できる万能カヤックだと思うけど、天候が崩れたときには、苦労する場合がある。すぐに陸に上がれる場所ならいいけど、葛篭尾崎の先端のように簡単に逃げることが出来ない場所でそうなると、かなりまずいことになる。(しかし、相当トラウマになってるな。)

 そういう場所には、一人では行かない。かつ、シーカヤックタイプの艇で行くのが良いだろう。てっさんに、アルピナ2−430とシーカヤックの違いを説明してもらい、アルピナ2−430だけでは無理。という気がしてきた。そうなると、今年発売されたアルピナ1−450あたりがあれば、フィールドが広がるなあと思った。それから、ナローパドルと、パドリングシューズも買ったほうがいいんだろうな。

 どうせ冬は仕事で疲れていて趣味に時間を割けないので、ゆっくりと春までに考えようか。
 
 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 船体布に関しては、当方あきらめています。まあカビは仕方ないかと。面倒くさがりやなので。

 そういえば、最近補修メンテしていませんでした。暖かい日にでも屋上で久々にやろうかなと思います。あれ意外と楽しいんですね。

 アルピナ2−430はすでに5年程は使っていますが、やはり使い勝手の良い艇だと思います。荒れても安定性の高いカヤックなので、こける前に逃げれたりしますが、やはり向かい風にはボリューム的に弱いので、向かい風方向ではなく、それを避ける方向に逃げたりしますが。

 アルピナ450はT君あたりにでも買って貰って、借り手乗らしてもらおうかと。

 まあしかし2艇あれば「世界」が確実に大きく広がりますよ。長時間漕げば相当違いが分かりやすくなります。
てっさん | 2012/01/01 12:07
あけましておめでとうございます。

僕のアルピナ2−430は、既に補修の箇所が数箇所あります。今年は損傷箇所は少なかったです。2年目ともなると、何をやるとだめなのかが、少しずつ分かってくるので、浅いところでスピードを出して、岩にぶつかるようなこともあまりないですしね。
やっぱり、シーカヤックのファルト、必要ですよね。琵琶湖でさえも、シーカヤックタイプの方が良さそうな状況がありますからね。

今年もお世話になりますが、よろしくお願いします。
Oe | 2012/01/01 19:06
COMMENT









Trackback URL
http://waterland.o-e.main.jp/trackback/55
TRACKBACK