〜カヤックで琵琶湖を旅するブログ〜
<< 海津大崎で花見 | main | 沖の白石 >>
アルピナ1−450ハイブリッドについて
 アルピナ1−450ハイブリッドで2回ほどツーリングしたが、積載性と安定性が気になったので、この日はそれを改善する方策を探ってみることにした。僕にとって一番近い琵琶湖の長浜ドーム付近の浜辺へ出かけた。


 まずは、積載性について。

 前回のツーリングは、完全に組み立ててから荷物を積み込んだので、艇内のどこがデッドスペースになっているか、確認することが出来なかった。今回は、船体布を被せる前に、荷物を載せてみた。

 バウ側から、浮力体、バックパック、人間(つまり僕のこと)、フジタカヌーのザックと電車行で使用するカート、浮力体、の順番。ちゃんと考えて収納すれば問題なさそうだ。





 次に安定性について。

 実は近いうちに「沖の白石」へ行こうと思っている。(5月20日の予定)

 ひたすら沖へ向かって漕ぐのに安定性に不安があるのは致命的である。そんなわけで、バラストを積んでみることにする。僕の身体的スペックは、身長170センチ体重61キロで、標準よりも少し痩せている。痩せているのに、お腹が少し丸いのは、なぜだろう。。
 バラストを積む代わりに、がんばって20キロほど体重を増やしてみるという改善策もあるが、健康面で改悪になるので、それはやめておこう。


 比較のために、まずは空荷で20分ほど漕いでみる。怖くてリーンするのも憚られる。おそるおそる、微妙な感じで体重移動するような感じだ。

 次に、バラストにする水タンクを積載してみる。艇内で、水タンクが漕行中に暴れると困るので、浮力体を前にずらして空気を入れて固定する。水タンクはキールとチャインの間の空間に配置する。これで、艇内で動くことはない。





 実は、どれくらいの重量のバラストを積めばいいのか、まったく検討が付かなかったので9リットルの水タンクと2.5リットルのプラティパスの水筒3袋用 意した。9リットルの水タンクと言っても収納スペースは限られているので、8リットルほどしか水は入っていない状態だと思う。

 この水タンク。実は探すのにちょこっとだけ苦労した。市販の水タンクは、バラスト用ではなく、もちろん飲料水用だ。そのため、水を注ぎやすいように キャップにコックが付いている。バラストに供するためには、そのコックは不要だ。不用意にコックが開くと艇内が水浸しになってしまう。そこで、コック付き のキャップを外して、灯油缶に使用するキャップを被せることにした。

 下の写真が艇内に収納した状態だ。




 この状態で、安定性は向上したような気がする。でも、「沖の白石」へ行くときは、9リットルの水タンクをもう1個追加しようと思う。つまり、25キロほどの重量の水を載せることになるがこれで大丈夫だろう。

 それにしても、カヤックというのは、その艇ごとの適正体格というものってあるのだろうか?それとも、僕が初心者ゆえに安定性に不安を感じるだけで、上級者ならそれを感じることはないのだろうか。

 この日は、長浜ドームから長浜港までを往復してみた。バラストを積んだ状態での平均時速は5キロくらい。こんなものなのかな。

 正直、今のところ、アルピナ2−430と比較するとまだまだ乗りなれていない。450の利点を感じるよりも、430の乗りやすさを感じてしまう。でも、距離漕ぎはやっぱり450の方が楽なんだよなあ。まだまだ、乗る回数が少なすぎる。もっと乗る機会を増やそうと思う。当分430は、お休みだな。
 


 改めてフレームをみてみると、なかなか美しいですね。黒と銀、いい組み合わせです。

 それはともかく、450は傾けた時の安定性が結構あり、沈はそうそうしないので、一時安定性がやや低いのを体が覚えてしまえば、結構安心して乗れる用になるかと思います。

 艇ごとのというより、一次安定性があまり高くない艇はある程度荷物を積んでツーリングに行くことを前提としていたりします。逆に積まないで行った場合、操作性は積んだ時より明らかに高いので、楽しめますが。

 
てっさん | 2012/05/02 14:36
黒と銀の組み合わせを美しいと感じるのは、クラシックカメラを見ているせいでは?(笑)
安定性は、慣れもあるのかもしれません。乗り沈降り沈に気を付ければ案外大丈夫なのかもしれません。
Oe | 2012/05/02 19:40
Oeさん、こんばんは。 いよいよ本格始動ですね。 艇ごとの違いを感じて漕ぐのはきっと楽しい事でしょう。

バラストは市販のものでもいいですが、取っ手付きの大きな焼酎のペットボトル。あれもいいですよ。口もしっかりしているし持ち手があるとコックピット内でセットしやすいです。居酒屋とか酒屋とかでもらってきます。(と経験者が言ってました)

他には、大きなバラストの間に入れて空間を有効に使うために、2リットル位の医療用の生理食塩水や洗浄液の袋が手に入ったらこれも便利です。

丈夫だし形が自由になるし(ただでもらえるし)、もし病院関係者がいたら聞いてみてはどうでしょう。

沖の白石、いいですね。 西から行っても東から行ってもだんだん近づく姿に感動しますが、私は東から行く方が好きです。

その次は 彦根 → 白石 → 多景島 → 彦根 の 「 三角漕ぎ 」 がありますよ。 450の本領発揮のコースでしょう。 どんどんエリアが広がりますね、私も楽しみしています。 お話、聞かせてください!

ウッドデッキ | 2012/05/14 21:19
その4リットルのペットボトルは知っております。現像液を保管しておくのにどうしても欲しくて、あまり酒が強くないにも関わらず、ペットボトル欲しさに焼酎を毎晩がんばって飲みました(笑)
残念ながら、医療用のものは入手できそうにありません。ホームセンターで、もう一個、水タンクを買ったので何とかなるでしょう。
ここ一週間くらい、風が強い日が多いのですが、20日は穏やかである事を願ってます。今回は安曇川河口の子供の国辺りから出るつもりでいます。
いい写真が撮れればいいなと思っています。
Oe | 2012/05/14 21:57
Oeさんの写真、楽しみにしています。 午前と午後で白石に太陽が当たる方向が変わるので、それもまた写り方が違って面白いのでしょうね。

こどもの国や、安曇川北流河口の緑地公園も出やすいですね。

白石と満月(これは結構チャンスあり)、白石と金環日食(これはめったにチャンスなし)。いつかこんな写真も見せて下さい。

20日、どうぞ穏やかな日でありますように!

 
ウッドデッキ | 2012/05/16 00:24
え!?金環日食って、数十年に一度しかないですよね。今回は、金環日食は無理なので、次回、寿命が尽きていなかったら挑戦します(笑)
あとは、天候だけが心配です。
Oe | 2012/05/16 18:40
COMMENT









Trackback URL
http://waterland.o-e.main.jp/trackback/58
TRACKBACK