〜カヤックで琵琶湖を旅するブログ〜
<< ライトな感覚のカヤックツーリング | main | 姉川で魚と戯れた日 >>
湖北で鵜を追いかけた日

 梅雨の合間の晴れた日曜日、久々にY君と湖北の島を巡った。前回、漕いでいる途中でいつのまにかエアスポンソンの空気が抜けていたので、果たして今回は大丈夫か確かめる意味もあって、カヤックはアルピナ2−430を使う。暑いのでコーミングカバーは装着しない。夏場、岸部でゆったりと浮かぶときは、オープンデッキがいいかも。本気で漕ぐときは、シーソックを装着しないと安心は出来ない。

 朝方は涼しくても、日光を浴びて組み立て作業をしているとやはり暑い。Y君は、カヤックに乗るのは1年以上のブランクがあるので、組み立てに戸惑っている様子。カヤックを水辺まで運んでいる時に、足の裏がチクリとするので、サンダルの裏側を見たら菱が突き刺さっている。裸足だったら、かなり怖いことになっていた。

 10時過ぎに準備が整い、湖上へ出る。


 葦が微妙に生えている場所を抜けると、そこは、菱の平原になっている。菱の葉は、秋になると真っ赤に紅葉する。紅葉は陸上の樹木だけのものではないのだ。Y君から、ずっと以前、菱の実を塩ゆでして食べたことがあるという話を聞いた。ここなら秋になたら、菱は採取し放題なんだけど、果たして旨いのかな。栗に似た味ということらしいけど。でもここの菱って、小型みたいだけど本当に茹でて食べることが出来るの?そもそも、カヤックに乗りながら採取出来るのかな。




 水面が反射して、画像の上半分は表現力が乏しい。PLフィルターを持ってこれば良かったかな。



 
 菱の平原を抜けて、南へ向かい、石碑のある島を一周することにする。鵜が群れて飛んでいる。この時期は繁殖期なのだ。普段は人がほとんど立ち寄る(漕ぎ寄る)ことのない島に、侵入者を発見し、危険を察知してコロニーから飛び去っていく。この日は、カヤックに糞を落とされなくて幸いだった。Y君は、命中していたようだけど。

 

 飛んで逃げる鵜もあれば、湖に飛び込む鵜もいる。泳いでいる鵜がいたので、併漕してみる。たまにカヤックの下に潜り込んだりもする。菱の平原は、パドルを水面に挿したときに、魚が驚いて跳ねることが、漕いでいると頻繁に起こる。魚影が濃いのだろうな。言い換えれば、鵜にとっては餌が豊富だということになる。それにしても、いくら何でも、鵜は増えすぎじゃないのかと思うくらいだ。




 石碑の島を一周したところで、巣から落ちたと思われる鵜を発見した。雛と言うにはかなり大きいが、それでもまだ飛ぶことは出来ないでいる。親鳥を呼んでいるのか、しきりに喉を鳴らしている。
 巣から落ちたこの雛はどうなるのだろうか。

 

 次に、二番目の小さな島へ向かう。昨年の秋に来たときよりも水位が上がっているせいか、島の面積が狭くなっている。

 この辺り一帯に生えているアカメヤナギ(多分)の枝は、鵜の巣だらけになっている。巣を作る事が出来る枝には、全て巣が作ってあるのではないかと思えるくらい。人間社会で例えるなら、大都市圏か。地価が高そうだな。


 3番目の島は完全に水没していた。やはり梅雨時は水位が高いらしい。
戻るにはまだ時間的には早いので、北へ向かってみる。冬の渡り鳥がいない季節なので、通行してもいいのかと思ったら、テトラポットの外を通行するようにというアナウンスが野鳥センターからあった。それはいいのだけど、テトラポットってかなり沖にあるし、その近くまで漕いでみると、テトラポットの外側は、波が立っている。荒れているほどじゃないけど。そんなわけで、引き返す事にする。

 

 水上というのは、陸上と違って造形的なおもしろさを発見しやすい。



 1時過ぎに、出艇した場所へ到着する。

この日の水位はマイナス2センチ、漕行距離は6.2キロ。

Oeさん、こんにちは。いい日にいい所へ行きましたね。 それにしても本当に鵜が多いのに驚きます。 竹生島の北側は山火事の後のように木が枯れていました。ここは葉っぱがあるからまだマシ、なんて言っていられなくなりますね。

エリの杭、不思議な模様です。二度と同じ模様にならないので何枚撮っても一生に一度の写真。これからも楽しみにしています。

ウッドデッキ | 2012/06/26 23:49
 鵜といえば、竹島の鵜は減っているような気がします。緑が少し戻ってきたような。

 湖東はどうしても足が遠のいています。もう少し駅から近ければですが。

 がそれ故になかなか新鮮なフィールドなので、アルピナ2にてバスでそのうち行って見たいと思っています。

 
てっさん | 2012/06/27 12:13
ウッドデッキさん。この場所は、昨年の秋にも来ているので、新鮮味がないと思っていましたが、鵜のおかげで楽しむことが出来ました。昨年は、キールを紛失してしまい、カヤックに乗る機会を逃しましたが、今年はコウホネの満開の時期に見に行きたいです。
Oe | 2012/06/27 22:47
てっさん。僕の住んでいる場所からだと、湖東が近いので、琵琶湖で短時間漕ぐときは、どうしても湖東になります。
こちらは、駅から琵琶湖が遠いですね。湖西のように電車でカヤックがしにくいです。
こちら方面へいらっしゃる時は、声をかけてください。

Oe | 2012/06/27 22:54
COMMENT









Trackback URL
http://waterland.o-e.main.jp/trackback/61
TRACKBACK