〜カヤックで琵琶湖を旅するブログ〜
<< ヨシキリの鳴く水郷 | main | 涼風の長良川 >>
遠雷を聞きながら
 最近、カヤックに限らずいろいろな事が億劫になり、趣味の活動に時間を割けずにいた。せっかくの3連休だということもあり、わずかな時間でも自分を奮い立たせてカヤックに乗ろうと思いマキノへ向かった。趣味の活動なのだから、気が進まないときはやらなければいいのだが、まずは行動に移すことで気分が変わるという事を、過去に何度も経験しているからだ。
  マキノへ向かう途中、何か所か雨が降っている区間があった。この季節は局地的に雨が降るので、マキノの天候がどうなのかは行ってみるまでは分からない。もしマキノに到着して雨が降っていたら、そこまで行ったのが無駄になってしまう。もちろん、寒くはない季節なので雨でもカヤックは出来るのだが、組み立てと撤収の作業が困難になるため、自ら進んで雨の日には漕ぎたくない。
  いつもの場所に2時ころに到着した。幸いなことに雨は降っていない。でも、辺り一面の空にはどんよりとした雨雲が立ち込めているし、遠くの方で雷鳴が轟いているのが聞こえてくる。雨で死ぬことはないが、雷の危険性には注意を払う必要がある。天候が急変したらすぐに撤収することを考えて、出艇地から遠くへ行くことはせずに、ゆっくりと漕ぐことにした。
  岸べたを漕ぐので、カヤックの装備は簡単なものにする。予備パドルもパドルフロートも装着しない。フレームを組み立てシートを装着し、浮力体を膨らませて前後に入れ、船体布を被せる。エアスポンソンに空気を入れてシーソックを装着したら完成だ。30分で準備完了。



 今回はツーリングというよりは、カヤックに乗って水遊びをすると言った方がいい。いつもは、安定性を増すためにバラストを積んでいるけど今回はそれも省 略した。最悪、沈しても岸はすぐに近くなので何の問題もない。余分な重量物を何も積んでいないせいか、船速がやたら早く感じる。それが楽しくてスピードを 出すようにどんどん漕ぐ。右舷に高木浜の湖水浴客がたくさんいるが、その中から、 「あのカヌー、速い!」 という声が聞こえてくる。漕いでいる間3か所くらいでそう言われたところをみると、やはり今日の僕は速いのだろう。しばらく漕いでいる間に雷鳴は聞こえなくなった。あとは雨さえもってくれればそれでいい。






 高木浜を過ぎて知内川河口へ向かう。以前、琵琶湖のアユの数が激減しているというニュースをどこかで見た。知内川は、毎年訪れているが、確かに今年はア ユの数が少ないような気がする。いつもは、川一面に魚影が確認出来て、カヤックのデッキに飛び跳ねてくるくらいの量であったのに、今年は少ない。なぜこん なことになるのだろうか。鵜が食べ尽くしたのか、それとも天候等の自然現象によるものなのだろうか。いずれにしても、好ましいことではない。







  知内川のアユの偵察が終わったので、出艇地に戻ることにする。途中で、妙な浮遊物を発見した。もしかして、これは、機雷?これにカヤックをうっかり接 触させてしまうと、爆沈の憂き目に会うかもしれない。琵琶湖には謎がいっぱいだ。


 1時間ほど漕いだ後、出艇地に到着したが、雨はまだ降りそうにない。この日は、この季節にやっておかなければならないことをする。それは、再乗艇の練習だ。実はアルピナ1−450で再乗艇の練習をするのは初めてだ。本来は、スプレースカートを装着して沈脱するところから練習するといいのだが、転覆した状 態でスプレースカートが外れないと、死んでしまうので、それは止めた。沈脱からの訓練は、複数で練習する時に挑戦してみようと思う。
 まずはカヤックを転覆させ、足が着かない深さまで行く。カヤックを起こしてパドルにパドルフロートを差し込み、再乗艇する。やはり1次安定性がア ルピナ2−430よりも低いせいか、再乗艇はしづらい。でも、再乗艇は問題なく出来そうだ。しかし、練習時には出来ても、本番で出来るかどうかは怪しい。 水面が荒れていたり、心理面が悪化していたりすると失敗する可能性は高いのだ。僕の3年間のカヤックツーリングの経験で、今のところ幸いなことに沈したこ とは一度もないけど、ずっと沈しないとも限らない。練習だけはしておいた方がいい。
  シーソックを装着していても艇内にたくさん水が入っている。アルピナの場合、構造的にスターン側が密閉されていないため、そこから浸水するのであろう。 艇内の水をビルジポンプで排出するのはかなり苦労するので、出来るだけ早く岸に上がって排水する方がいいな。  

 再乗艇は、かなりいい運動になる。数日間、筋肉痛が残った。

こんにちは。

びわ湖はもう、自分の庭となりましたね。でも庭にもまだまだ不思議な物はたくさんある事でしょう。びわ湖の不思議、また教えてください。 

ウッドデッキ | 2013/07/23 21:49
 同じ場所、同じ季節でも、出会うものや景色は違いますね。それが楽しいです。
Oe | 2013/07/23 22:18
 暑い日々が続きますね・・・。
 
 ファルトで使われる、ナイロンのスプレースカートは簡単に外れますよ。こけて、勝手に膝蹴り、外れて自然と外に脱出となります。

 まあしかし体調の調不調の激しさは困ったものです・・ほんと。またよろしくお願いします。
てっさん | 2013/07/26 01:48
夏も三分の一が終わってしまいました。今のうちにもっと楽しんでおかないと。と思っています。こちらこそ近い内にまたお願いします。
Oe | 2013/07/26 23:19
COMMENT









Trackback URL
http://waterland.o-e.main.jp/trackback/72
TRACKBACK