〜カヤックで琵琶湖を旅するブログ〜
<< 海津大崎お花見カヤック2016 | main | 和邇から蓬莱 >>
モノトーンの湖


 ついこの間まで咲き誇っていた桜もすっかり散ってしまい、湖面に浮かんだ花筏も今となっては跡形もなく、枝の葉の緑も日ごとに濃くなっていく。春爛漫とした景色は、既に過ぎ去り、季節は初夏に入ろうとしている。

 天気予報を見ると風がなさそうだし、夕方までは雨の心配もなさそうなので、少しでも漕げればと思い、長浜の湖岸へ向かった。


 フレームを組み立てる時に、久々にやってしまった。フレームの接合部に指を挟んでしまい、血豆が出来てしまった。幸いにも出血には至らずに、内出血で済んだのが幸いだった。油断するとこうだ。次回からはグローブを嵌めて作業するようにしよう。

 この辺りはマキノの浜辺に比べると岸辺にゴミが多い。なぜなんだろう?風向きのせいで、ここにゴミが流れつくのか?

 「日本は、外国と比較してゴミが落ちていない。」

 と言うが、日本人にもゴミのポイ捨てをする輩はいる。まったく許せない行為だ。しかし、自治会等の市民団体のボランティア活動で、清掃活動を行っている人達がいる。そうした活動に加わってみると、ポイ捨てをしていく人がいかに多いかが分かるし、そうした心無い行為に対して腹立たしさが募っていく。ゴミが落ちていないのは、そうした人たちの不断の努力の結果だと思っている。

 琵琶湖を遊び場にする場合でも、カヤックを漕いでいる最中に、タオルを無くしたりするとポイ捨てと同じ結果になってしまう。そのまま沈んでしまうと、拾えないゴミになるので、注意しないといけない。





 こんな場所を見付けるとパドルの動きを止めて木陰でプカプカするのを楽しんでしまう。




 天の川河口。釣り人がたくさんいたので、あまり近づかずにUターンする。

 温かくなってくると、このブログの閲覧数も増えてくる。カヤックの道具のインプレッションは、ブログ価値が高いと思うが、漕行記は、僕自身の個人的な思いを綴っているだけなので、読み飛ばされているだろうなあ。たまには、道具の記事でも書いてみようかな。



 天気予報どおり雲が多くなってきた。雨が降ると困るので、早々に陸に上がった。正直なところ、もう少し漕いでいたかったけど、またそのうちに。

 7キロほどの水上散歩だった。ここのところ、雨が降り続いたせいか、湖水が濁っていた。





 
COMMENT









Trackback URL
http://waterland.o-e.main.jp/trackback/88
TRACKBACK