〜カヤックで琵琶湖を旅するブログ〜
<< 近所でカヤック | main | 沖島 >>
またまた近所
 7月18日に、近所の犀川で、2時間あまり、漕いだ。書くのを忘れてしまったので、今頃、書いている。何回、水上に出たかを自分で知るためにも、記録は残しておいた方がいい。

 それにしても、この犀川は長良川のすぐ横を流れている川なんだけど、出艇場所が、コンクリート護岸されている場所なので、船体へのダメージが大きい。この日も、撤収の時に、ガンネルをコンクリートにぶつけてしまい、デッキ部分の船体布を傷付けてしまい、パッチで補修するはめになった。コンクリート護岸の場所は、ファルトには向いていないのだろうか。

 理想的な出艇場所は、やはりビーチなのだろうか?ビーチにファルトを浮かべて、自分は膝くらいまで水に浸かった状態で乗り込むのが、船体へのダメージが一番少ないような気がする。しかし、自分が出撃したい場所全てに、砂浜があるわけではないので、困ったものである。




 カヤック趣味を始めたばかりの自分が言うのもなんだけど、アルピナ2−430は、家族で乗ったり、のんびりと水上散歩をするにはいいかもしれない。しかし、もっと船速が速い船に乗るのも楽しそうだ。船体幅が細くって、長い船の方が、理屈のうえでは速いのだろうなきっと。しかし、エルズミア480くらいだと、幅が細くって、僕みたいな初心者には、1次安定性に不安が残りそうだ。そうなると、480スペリオかな。しかしまあ、すぐに買えるわけでもないので、あと何年かアルピナ2−430で、いろいろと練習しようと思う。僕は、海がない岐阜県という場所に住んでいるので、シーカヤックを買っても、あまりやる場所がない。
 しかし、琵琶湖は海みたいなものなので、シーカヤックを買ったら、琵琶湖での使用が主な用途になるだろう。


COMMENT









Trackback URL
http://waterland.o-e.main.jp/trackback/9
TRACKBACK