〜カヤックで琵琶湖を旅するブログ〜
<< パドリングシューズ | main | 邂逅の水郷 >>
中秋のマキノ

 夏の間、すっかりカヤックから遠ざかっていた。琵琶湖で一番お気に入りの場所のマキノで漕ぐ事にした。

 

 

 もう10月の終わりだというのに、今年はいつまでも週に何日かは夏日が含まれている。それでも、湖水はやはり夏のものではなく、パドリングシューズやロングジョンの内部に入り込んでくるとひんやりと感じる。

 

 湖畔には、まばらに人がいるだけで、カヤックに乗っている人とは出会わなかった。ほんのちょっと沖に魞が設置してあって、そこで作業をしている方がいた。

 

 


 昼食は、途中の道の駅で買った鯖寿司を食べる。かなり贅沢なランチだ。カヤックに乗る日は、組み立ててから撤収するまではカヤックから離れることはほぼない。

 

 湖岸の木々が紅葉し始めていた。本格的な紅葉シーズンもうもうすぐ。

 

 今までは目立たなかったのに、真っ赤な鳥居と金ぴかな寺院が目に付いた。

 

 

 撤収する時に、カヤックを裏返したら、こんな出っ張りがある。何だろうと思い、カヤック内部を見てみると、

 

 フレームが外れていた。これは、組み付けるときに外れたのか、カヤックを運ぶときに外れたのかよく分からない。あまり気持ちの良い状態ではないので、今後は確認する必要がありそうだ。場合によっては部品交換をしよう。
 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://waterland.o-e.main.jp/trackback/92
TRACKBACK