〜カヤックで琵琶湖を旅するブログ〜
<< 中秋のマキノ | main | 沖島 >>
邂逅の水郷

 

 まだ11月の初めだというのに、寒い日が数日間続いた。こんなに寒くなったら水辺で遊ぶのはきついなと思っていたら温かい休日に恵まれた。こんな日こそ、カヤックに乗るチャンスだ。他の用事は犠牲にしてでも、出かけなくては!

 秋の行楽と言えば、紅葉狩りなのだが、僕としては金色に輝く葦原が続く水郷を漕ぎたい。いや、心情的は、漕がなくてはならないと言った方がいい。昨年の秋はここへ来ることは出来なかった。

 昨日と同じ今日、今日と同じ明日が、永遠に続いていくなら、「漕がなくてはならない」といった心情にはならない。僕くらいの年齢になってくると、あらゆる意味で「失う」ということが、徐々に身に染みて実感出来るようになる。毎年、同じ季節であれば同じ表情を見せてくれるこの水郷も、細部に至るまで同じというわけではなく、どこか違っている。今年の水郷の風景は来年には存在しない。

 いつもの出艇場所に到着して、カヤックのザックを降ろすと、ほどなく1台の車が到着し、ファルトボートが入っていると思われるバッグを降ろしている人がいた。少し話をしていると、このサイトを見てくださっているNさんだった。そんなこともあり、この日はNさんと一緒に漕ぐことにした。
 

 桜並木の水路を通り、葦原の水郷を抜けて西の湖へ向かう。Nさんは僕の後ろを漕いでいるので、ちゃんと着いて来ているか、Nさんの存在をパドルの音で確認しながら進む。もしこの日Nさんに会わなかったら、水郷部分を散策して終わっていただろう。やはり誰かと一緒だと、長い距離を漕いでみようという気になる。時折、冷たい風が吹き抜けていく。湖面一面が水鏡になるほど静かな状態ではないけど、この日は終始穏やかな日だった。さざ波に乱反射してキラキラと輝く湖面が美しい。

 水郷の葦原には、冬の水鳥がたくさん隠れていて、カヤックが近づくと驚いたように飛び去っていく。こちら側には悪さしようという気は無いので、そのまま同じ場所で綺麗な羽を見せてくれてもいいのだが、それはあちらの事情が許さないようだ。

 鴨鍋食べたいなあ。

 

 いつもの貝殻がたくさん落ちている岸辺で休憩する。水郷は意外なほどに上がれる場所が少ないので、休憩ポイントはいつも自ずから決まってきてしまう。Nさんは、今年からカヤックを始められたということで、新品の船体布はとてもきれい。僕のカヤックもついこの前まではそんな状態であったはずなのに、あちこちに補修の跡が年々増えて、色褪せてきている。

 僕のカヤックがまだ新品だった頃、この水郷で不思議な出会いをしたことがある。カヤックや琵琶湖のことがよく分からなくて、メールで親切に教えてくださった方に偶然出会ったのだ。僕はずっとその人を男性だと思ってメールしていたのだが、会ってみたら女性だったということもあり、お互いにメール相手であることを認識した瞬間は、不思議な気持ちで包まれていた。その時はカヤックを漕ぐどころではなく、お互いのカヤックを手で捕まえて、少しの間話し込んだんだったな。

 あれから6年、水上に出る度に、このサイトに必ず記録を残している。更新が稀なので、継続しているのかどうかよく分からないブログなのだが、それが続けるコツである(笑)

 この日、ご一緒したNさんもそうだが、ごく稀に、メールをいただくこともあるので、読んでくださってそれなりに役に立つこともあるのだろう。

 

 水郷に来ると必ず訪れる「よしの大竜神」。初めてここを訪れた6年前には祠の右側に木が生えていた。訪れる度に、枝が短くなり、ついには枯れて無くなってしまった。この祠と対になる木だったのに無くなってしまったのは残念だ。

 でも、上の画像を見ると6年前の画像にはなかった木が祠の左側に生えている。あの木の子孫だろうか。「失う」ことはとても残念なことである。失ったものは、かつて存在していたものであり、確定した過去がある。その過去にいつまでも固執していると、喪失感でいっぱいになる。失った後に、何かが生まれてくることが確定しているのなら、寂しい気持ちにはならないが、生まれるかどうかは不確定である。生々流転、生死流転の間に漂う身としては、傍観するしかない事柄が多すぎる。

 

(2010,12,6の記録)
 

 ここまで来ると、残りの漕程はあと少し。午後2時を過ぎたばかりなのに、日差しが弱くなってきた。竜神さんの辺りから、水郷巡りの観光和船の往来が多くなる。カヤックとはスピードが違うし、狭隘な水路ではすれ違うことが危険なので、通過するまで待ったり、後を付いて行ったりするのだが、たまに船頭さんと挨拶を交わしたり、船頭さんとお客さんとのやり取りを聞けるので、漕いでいて退屈せずに楽しめる。

 

 

帰宅してから調べてみたらNさんから7月にメールをいただいていて、

「いつか一緒に漕ぎましょう」

と、僕はNさんに返信をしていた。

またいつか、どこかでご一緒しましょう。

この日漕いだのは、10.8キロ。

 

先日はありがとうございました。
ご一緒させていただき、そして案内していただきとても楽しい時間を過ごせました。

ぜひぜひ、またご一緒させてください。
695SS | 2016/11/22 12:42
絶妙なタイミングでお会いしましたね。時間がもう少しずれていたら、お会いすることもなかったかもしれません。集合して一緒に漕ぐにはそれほど遠くない場所にお住まいなので、またそのうちご一緒しましょう。
Oe | 2016/11/22 22:07
ぜひ、お声かけください。
695SS | 2016/11/24 15:08
695SSさんも、どこかへ行かれるときは声をかけてくださいね。
Oe | 2016/11/24 18:11
COMMENT









Trackback URL
http://waterland.o-e.main.jp/trackback/93
TRACKBACK